MENU

 マルチメディアリソースセンター (MMRC)

情報やメディアを活用した新しい学びの空間を提供

マルチメディアリソースセンターは玉川学園の園児・児童・生徒のための学習情報センターであり、読書センターです。従来の図書館機能に加えて、マルチメディアシアター、ワークショップスペース、映像・音楽制作スペース、マルチメディア演習室などを配置し、情報の検索・収集、情報の作成・発信、情報の交換・共有を実現する場として、2006年に誕生しました。生涯にわたって続く学びに求められる技術を児童生徒が身につけるため、各教科と連携して探究型のラーニングスキルの習得をサポートしています。専門スタッフが常駐し、本の検索からメディアを使った情報の収集、レポートのまとめ方など相談することができます。

マルチメディアシアター

90インチワイド画面、指向性スピーカーに加え防音設備を完備したエリア。通常授業のほか、映像上映やプレゼンテーションスペースとしてさまざまな授業で活用されています。

アトリエ

ディスカッションやグループワーク、ワークショップそして少人数授業にも利用が可能なクリエイティブスペースです。

絵本エリア

絵本や童話などが並んでいます。外国語図書の書架が近いため、IBや英語などの教室としてもよく利用されています。

自学コーナー

「わかめテーブル」やハイカウンターなどは自学の場としてだけでなく少人数の授業の場としても使用されています。テーブルや椅子には学習に最適な仕掛けが施されています。

メディアラボ

通常の情報授業に用いられるほか、コンピュータミュージック、コンピュータグラフィック、映像の作成が可能。備え付けの100インチスクリーンを用いてプレゼンテーションを行うこともできます。

スターレックドーム

直径12mのドームにデジタル式プラネタリウムを備えた、学校所有としては国内最大級の施設です。理科の授業だけでなく、生徒も操作し宇宙を身近に感じる場として活躍しています。

各種メディア

● 約59,000冊 
  (和書 約53,000冊・洋書 約6,000冊)

● 雑誌 40誌

● 新聞7紙

● データベース8種類

PC・機器

● ノート型PC 80台

● メディアラボ1:ノート型PC 44台

● メディアラボ2:デスクトップ型PC 44台

● iPad:10台

国連広報センター(UNIC) とのゆるやかなパートナーシップも結んでいます。