MMRC Annexの1月展示

 新しい年がスタートしました。気持ちも新たに今年もMMRC Annexをたくさん活用してください。今月も季節やイベント、授業に関連した本の展示を行っています。みなさんが来てくれるのを心待ちにしています。

①新書を読んでみよう

 新年にちなんで「新書」の展示を行っています。しかし「新書」とは「新しい本」という意味ではなく、書籍の大きさを表す言葉です。縦18㎝×横11㎝のサイズの「新書」は、その分野の知識を得るための入門書です。難しそうだなと感じるかもしれませんが、『ロボットが家にやってきたら…』『正しいパンツのたたみ方』『マンボウのひみつ』『レンアイ、基本のキ』など、興味を引き付けられる本がたくさんあります。これらの本はDigital Libraryでも読むことができます。気軽な気持ちで借りてみてください。

②公民のまとめ学習(6年生の社会)

 Secondary Program Division 6年生は冬休み前から公民の学習をしています。日本国憲法に始まり、国会、内閣、裁判所、そして国際理解について学んでいきます。それに関連した本の展示を行っています。国際社会に生きる一員として、日本や世界の仕組みを学んでいきましょう。

③7年生ブックトークで紹介した本

 昨年12月にIB Programs Division 7年生を対象としたブックトークを行い、「お正月に読みたい本」をテーマに、紙の書籍と電子書籍を紹介しました。それに関連する本の展示も行っています。7年生はもちろん、それ以外の学年の人もぜひ手に取ってみてください。また、Digital Libraryのトップページにも「IB7年生ブックトーク」という特集ページを作っています。ぜひのぞいてみてください。

④虎の本

 今年の干支の寅にちなんで「虎の本」の展示を行っています。タイトルに虎が入っている本、表紙に虎の絵が描かれている本、虎が登場するお話など、眺めるだけでも寅年を実感できるコーナーです。高校生になると国語の授業で主人公が虎になる『山月記』という小説も学びます。この機会に「虎の本」を読んでみてください。

(MMRC司書教諭)

前の記事

お正月関連本の展示